風致地区 湘南 【並木のコリドー風】

風致地区内で計画した建売物件で、本来風致地区は環境の良いエリアを目指すために壁面後退や隣地との間隔など色々制限があるが、初期の計画ではその良い環境に砂利を敷く程度のなんとも殺伐とした魅力のない土地利用計画であり、建物自体も細長く見栄えしない区画もあり、土地利用計画の変更から始まった。
目指すコンセプトはバルセロナのようなオープンスペースを上手に確保し、明るい空間のある初期計画とは全く違う土地利用をデザインに入れてみた。
まず最初に、規制を考慮しながら配棟と二台駐車が確保できるよう、また緑化スペースと日照や広いスペースを配棟の組み合わせで確保することを検討し、このような土地利用で明るい空間や日照の確保ができた。次にコリドーのような魅力的な緑化ができないかを検討し、中央に一本のフットパス風のラインを入れ、この街並み自体の魅力を創造した。
全体の完成イメージとして、建物と緑化と明るい空間が各棟に確保でき、土地利用計画の重要さを再認識することができた。

開発初期案から弊社プランニング案へ

実は敷地の中心に「緑の小径を」巧妙に盛り込んだプラン

パース図

DATA

分譲住宅

  • 区割り
  • 配棟
  • コンセプトづくり