ランドプランの考え(完結)

アメリカの街

 

少子化でも若い層にはこのような考えをもているのも事実である

 

ランドプランや環境デザイン、そして、人間工学や心理学を挿入し、人が住みやすそうなデザインが浮かび上がる。

 

このような計画を待っている若い層は少子化の中でもたくさんいるのも事実である。

 

ランドスケープデザイナーは、より魅力的な街並みや区画道路計画を作成

 

アメリカでは数千戸という計画に対し、建築家でなくランドスケープデザイナーと経済学者が最初にマスタープランを作成する話をよく聞く。

 

経済学者はこのプロジェクトが完成した時の経済状況やその後ローンを支払っていけるポテンシャルがあるかなどの意見と報告、ランドスケープデザイナーはより魅力的な街並みや区画道路計画を作成し、全体やエリアごとのコンセプトやテーマ、そしてイメージを沙悪政していくのが一般的である。

 

日本人がアメリカに行き奇麗だなとかうらやましいとかこんなところに住みたいなと思うのは、ここが欠如しているのが最大の原因かもしれない。 (山本)

 

 

ランドプランの考え(1)へ戻る

 

ランドプランの考え(2)へ戻る